lineモバイル お試し

【100%失敗ゼロ】ヨドバシカメラの格安SIM担当がLINEモバイルのメリット・デメリットやLINEモバイルのお得なキャンペーンと適用方法・契約申し込み方法やMNPの手順、各プランの料金などを超まじめにわかりやすくまとめました, LINEモバイルはお試しができる格安SIMですが、選ぶプランによって違約金がかかるので注意があります。, LINEモバイルでお試しができるプランは、データSIMのみで最低利用期間も解約違約金も2年縛りもありません。契約後すぐに解約しても無料(0円)で解約ができます。, しかし、音声通話SIMには1年(12ヶ月)の最低利用期間があるので12ヶ月以内に解約や他社にMNPで乗り換えると1000円(※2019年10月1日までは9800円だったのが1000円に変更されました)の違約金を取られます。, LINEモバイルをお試しで使う場合はデータSIMの月額500円のLINEフリープランがおすすめです。, LINEモバイルはdocomo、SoftBankのiPhoneやAndoidスマホであればSIMロックを解除しなくてもSIMカードを挿すだけで利用できるので端末を再利用できて節約にもなります。, LINEモバイルの格安SIMをお試しする場合には、絶対にデータ通信SIMを選んで下さい。, 音声通話SIMを選ぶと12ヶ月間の最低利用期間があって1000円(※2019年10月1日までは9800円だったのが1000円に変更されました)の解約違約金もかかるのでお試しというレベルではなくなってしまいます。, データ通信SIMの場合は、最低利用期間も解約違約金もないので契約した初月に解約しても無料(0円)で解約できます。, LINEモバイルにはデータ通信のみのSIMとデータ通信+SMSのSIMとデータ通信+音声通話(音声通話SIM)のSIMの3つの種類があります。, 極端に書くと契約初月に解約しても違約金なしの0円でLINEモバイルを解約できます。, データ通信(SMSあり)のSIMもデータ通信SIM(SMSなし)と同様に最低利用期間は発生していません。, データ通信(SMSあり)のSIMには最低利用期間や解約手数料が設定されていません。, LINEモバイルのデータ通信(SMSなし)のSIMとデータ通信(SMSあり)のSIMには最低利用期間はありませんが、音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)には契約後12ヶ月間の最低利用期間があります。, 他の格安SIMと同じで、音声通話SIMには12ヶ月以内の解約や他社へのMNPの場合は1000円(※2019年10月1日までは9800円だったのが1000円に変更されました)の解約手数料がかかります。, 最低利用期間は12ヶ月なので、12ヶ月目の末日以降はどのタイミングで解約や他社にMNPをしても解約手数料はかかりません。, LINEモバイルの音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)は12ヶ月以内の解約やMNPの場合は1000円(※2019年10月1日までは9800円だったのが1000円に変更されました)の手数料がかかります。, ただし、音声通話SIMを13ヶ月目以降に解約や他社にMNPする場合は解約手数料は0円の無料になります。, そのためLINEモバイルの解約や他社へのMNPでの乗り換えを考えた場合は、すぐに解約や他社にMNP乗り換えをするのがいいのか、, 例えば、2018/1/1が利用開始日だった場合、2019/1/31までに解約⋅MNP転出をすると1000円(※2019年10月1日までは9800円だったのが1000円に変更されました)の解約手数料がかかりますが、2019/2/1以降だと解約手数料はかかりません。, データ通信のみ(SMSあり/SMSなし)のSIMには解約手数料が設定されていません。, LINEモバイルのデータ通信のみ(SMSあり/SMSなし)のSIMには最低期間の設定に加えて、解約手数料も設定されていません。, LINEモバイルの音声通話SIMは大手キャリアのdocomoとSoftBankの回線を使っているので試す必要はありません。, LINEモバイルのdocomo回線の音声通話の品質はdocomoと全く同じで、LINEモバイルのSoftBank回線の音声通話の品質はSoftBankと全く同じだからです。, エリアや電波の入り具合もdocomoとSoftBankとの直接契約と全く同じです。, LINEモバイルはiPhone5以降のSoftBank版、docomo版、SIMフリー版のiPhoneであればSIMロックを解除しないで使うことができます。, LINEモバイルが対応してないiPhoneはiPhone3G、iPhone3GS、iPhone4、iPhone4sの4つです。それ以外のiPhoneはLINEモバイルで使用することができます。, ただし、auで販売されていたau版のiPhoneはSIMロックを解除しないとLINEモバイルのSIMカードを挿入しても「圏外」表示となり使えないので注意が必要です。, LINEモバイルの格安SIMをお試してしてから本格的に乗り換えるとなった場合は、今使っているお試しの回線を解約して、新規で音声通話SIMを契約する方法で乗り換えると、契約事務手数料の割引が受けられなくなるので損をします。, LINEモバイルは2回線目以降の事務手数料を割引する制度があり、音声通話SIMの場合は全額の3000円割引、データ通信+SMSの回線の場合は2500円の割引をしてくれます。, LINEモバイルは2017年9月までは2回線目以降の申込みも事務手数料が3000円かかっていましたが、, 2017年9月以降は、LINEモバイルのマイページから追加回線の手続きをすることで、サービスタイプによってそれぞれ登録事務手数料が割引されるようになりました。, ただし、SIMカード発行手数料の400円はどのマイページから追加回線の手続きをしても必ずかかってくるので登録事務手数料が大幅に割引されているから必要経費だと割り切りましょう。, LINEモバイルのマイページを開いたら「追加申込」から手続きを進めていけば登録事務手数料が自動的に割引されます。, また追加回線の場合は、個人情報や発送先の情報の入力、本人確認書類のアップロード作業は不要になります。, そのため、2回回線目以降の契約はLINEモバイルのマイページから行うと登録事務手数料の割引だけでなく、手続きが楽になります。, LINEモバイルをマイページから「追加申込」で申し込んでSIMカードが届いたら、お試しで使っていたSIMカードを解約します。, この方法を使うとお試しのSIMカードを解約してからLINEモバイルを再契約するよりも大幅に節約ができます。, SIMカードを返却しなくてもLINEモバイルを解約することができますが、SIMカードの返却が確認されないとSIMカードの紛失扱いとなり、, SIMカードは全国の郵便局から定形外郵便で82円程度で郵送できるのでSIMカードの返却をしておいた方が無駄な出費が節約できます。, LINEモバイルのデータ通信SIMには最低利用期間も解約違約金もないのでLINEモバイルや格安SIMを試してみたい場合は、データ通信SIMから契約して好きなタイミングで解約すると無駄がありません。, また、LINEモバイルに本格的に乗り換える場合は、追加回線という形で音声通話SIMを契約してからお試しで契約したSIMカードを解約することで契約事務手数料を安くできます。, 初月無料+5050円分のLINE Payまたは5050円分のLINEポイント(現金化可能)がもらえるキャンペーン実施中!!, このサイトは家電量販店のヨドバシカメラの格安SIM担当の伊集院が「格安SIM選びに失敗するひとをなくしたい!」「性能とコスパが一番良い長く使える格安SIMを選んでほしい」という想いのと『全身全霊で』悪い部分も包み隠さず情報発信しているサイトです。ユーザー満足度ナンバー1の絶対に後悔しないLINEモバイルの格安SIMにしてよかった!と思っていただけるよう全力で情報発信しています。少しでもあなたのお役にたれてばとてもうれしく思います。よかったら『シェア』してくれると嬉しく思います。, 結論から先に書くと、LINEモバイルは「eSIM」に対応していません。LINEモバイルを初めてするすべての格安SIMは物理的な標準SIM、micro SIM、nano SIMサイズのSIMカードを挿入して使う方式です。iPhoneで使うにはnanoSIM(ナノSIM)サイズのSIMカードを契約すれば使えます。詳細>>>, LINEモバイルの請求日は毎月5日(翌月5日)で、締め日は月末日です。引き落とし日は使用しているクレジットカードによって異なります。ほとんどが請求日に2ヶ月後に引き落としがされます。通話料金とSMS料金の請求日は翌々月の5日です。LINEモバイルの初期費用の請求日は利用開始月の翌月5日です。一覧でまとめました。, LINEモバイルのデータ容量追加(データチャージ)はLINEモバイルのマイページから行います。1.LINEモバイルのマイページにログインする2.「容量」を選ぶる3.「購入する」ボタンをタップしてチャージするLINEモバイルのギガ追加(データ容量追加)の料金は0.5GB(500MB)が500円、 1GB(1000MB)が1000円、3GB(3000MB)が3000円です。, 【唯一無二】LINEモバイルだけは唯一、LINEの音声通話やビデオ通話をどれだけ使っても『データ消費(ギガ消費)ゼロ』となるカウントフリー(データフリー)という機能があり速度制限中でも速度制限の対象外で常に高速に高速な通信速度で快適に使えます。『月額500円』でLINEのビデオ通話お音声通話も使い放題です。詳細>>, 結論から先に書くと、LINEモバイルはプリペイド式の格安SIMカードを提供していません。しかし、データ通信SIMは最低利用期間の縛りがないためプリペイド式の格安SIMと同じように使うことができます。通信速度、料金の安さ、カウントフリーなどでLINEモバイルのほうがプリペイドタイプのSIMカードよりメリットが大きいです。, データ通信(SMSあり/SMSなし)のSIMには最低利用期間はありません。音声通話SIMには契約後12ヶ月間の最低利用期間が設定されています。最低利用期間以下の解約やMNP転出での他社への乗り換えは違約金として9800円の料金がかかります。ただし、音声通話SIMでも13ヶ月目以降の解約は違約金なしの0円で解約できます。, LINEモバイルは他の格安SIMと違って『3日制限がない格安SIM』です。他の格安SIMにはよくある3日間のデータ通信量(ギガの使いすぎ)制限がないので短期間に大量にデータ通信をしても低速通信にならず高速な速度で快適に使うことができる数少ない格安SIMです。LINEモバイルはLINEとSNSがカウントフリー!詳細>>>, LINEモバイルは法人契約ができ『法人クレジットカードでも契約申し込みができる格安SIM』です。契約者名義の法人クレジットカードであれば問題なく審査に通過してLINEモバイルを使うことができます。ただし、『契約者名義と法人クレジットカードの名義が同じ』でないと審査に落ちます。全手順やり方と注意点を詳しく紹介>>>, LINEモバイルで電話番号を変更する方法は、すでにLINEモバイルを契約している場合は解約して新規契約し直す方法以外にありません。これは他の格安SIMでも同じです。LINEモバイルの電話番号を変更するメリットは「迷惑電話などがかかってこなくなる」「MNP転出手数料の3000円が節約できる」「気にいる電話番号が手に入る可能性がある」, LINEモバイルはGoogle検索やYahoo検索が普通にできる格安SIMです。大手キャリアのdocomo、au、SoftBankとの直接契約のスマホやiPhoneと同じように一切の制限がなくインターネットでの検索やアプリ、ゲーム、SNSやLINE、ヤフオクや楽天などが使えます。使い方と注意点を徹底的にまとめました。, LINEモバイルのユニバーサル料は1回線につき1ヶ月ごとに2円です。LINEモバイルのdocomo回線もSoftBank回線もau回線もユニバーサル料は2円/1ヶ月です。ユニバーサル料は公衆電話や緊急通報(110番、118番、119番)を日本全国で提供するためにかかる費用ですべての回線契約者に請求されます。, LINEモバイルはauのiPhoneとスマホだけの場合はSIMロック解除が必要でしたが2019年5月からLINEモバイルはau回線のSIMカードを提供開始したためauの端末もSIMロックを解除しなくてもそのまま使うことができるようになりました。SIMロックがかかっている端末でもLINEモバイルで通信も通話もできます。, LINEモバイルのフリーダイヤルを徹底的に検証した結果、0120と0800から始まるフリーダイヤルの電話番号には『何時間電話をかけても通話料金は無料』でした。0120と0800からかかってきた電話の通話料金も完全無料になっていました。ただ音声通話SIMでないと電話の着信も発信もできないので注意が必要です。, LINEモバイルは新品のSIMフリーのiPhone以外にも中古のiPhoneや白ロムのiPhoneでもSIMロック解除なしでSIMカードを挿入するだけで使うことができます。LINEモバイルはiPhone5以降のSoftBank版、docomo版、au版、SIMフリー版のiPhoneやiPadあればそのまま使る格安SIMです。, 結果を先に書くと、LINEモバイルのSIMカードを挿入したiPhoneとAndroidスマホで問題なくモバイルSuica(おサイフケータイ・NFC・FeliCa)が『使えます』JRの改札の通過、東京メトロの改札の通過、コンビニでの支払いとも問題なく使えました。利用できる『モバイル決済サービス』と『iPhone機種一覧』, 「格安SIM選びに失敗するひとをなくしたい!」「性能とコスパが一番良い長く使える格安SIMを選んでほしい」, ユーザー満足度ナンバー1の絶対に後悔しないLINEモバイルの格安SIMにしてよかった!, と思っていただけるよう全力で情報発信しています。少しでもあなたのお役にたれてばとてもうれしく思います。, LINEモバイルは今期間限定のお得なキャンペーンを実施しています!LINEモバイルの絶対に失敗しない申込み方法や手順、キャンペーンの詳細と適用方法を以下のページで詳しくまとめましたのでぜひご活用ください。, LINEモバイルが対応していないiPhoneはiPhone3G/3GS/4/4sの4つ, 解約後にSIMカードを返却しないとSIMカード再発行手数料の3,000円がかかるので注意が必要です。, 初月無料+5050円分のLINE Payまたは5050円分のLINEポイント(現金化可能)がもらえるキャンペーン, 【知らないと損】LINEモバイルの事務手数料3000円を無料(0円)のタダにして申し込む裏技, LINEモバイルはiPhoneやAndroidスマホを無料でWiFiルーターにできる格安SIM, 【保存版】LINEモバイルでiPhone SEをセット購入から回線開通までの全手順, 【レビュー】iPhone XS MaxをLINEモバイルで使った感想と申し込み方法と全手順, LINEモバイルはSMS認証なしでLINEの新規登録や引き継ぎができる唯一の格安SIM, 【レビュー】LINEモバイルでのYouTubeは速度も問題なく超快適に見れている話, iPhone SE SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone 6s SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone 6s Plus SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone 6s Plus docomo版: LINEモバイルのdocomo回線, iPhone 6s Plus ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線, iPhone 5s SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone 5 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone 6 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone 6 Plus ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線, iPhone 7 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone 7 Plus SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone 8 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone X SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone XR SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone XS SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone XS Max SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線, iPhone XS Max ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線. LINEモバイルで+メッセージ(プラスメッセージ)を使えるようになるのか. 結論! lineモバイルは月500円でお試しが出来る! 結論から言いますと、 lineモバイル は 月500円 で お試し をする事が可能です! 私も以前、lineモバイルを2ヶ月間、 お試し で使い、 納得 してから、ドコモを解約してlineモバイルに 乗り換えました 。 ☆お知らせ☆ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高かLINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!, さて、大手キャリアをご利用中の皆さまは、月々のスマホ代も高いし、格安SIMのLINEモバイルを使ってみたいとお思いの方も多いのではないでしょうか。, 私も以前、ドコモを使っていた時は、毎月8,000円位のスマホ代を払っていましたが、LINEモバイルに乗り換えてからは、スマホ代が2,000円になって大満足をしています。, しかし、LINEモバイルを使った事がない皆さまからしますと、キャリアを解約して乗り換えるのはとっても不安ですし、なかなか決心がつきませんよね。, LINEモバイルってちゃんと繋がるの? 通信速度がめっちゃ遅いんじゃないの? サポートとかちゃんとしてるの?, この記事では、LINEモバイルをお得にお試しする方法を、私の実体験に基づき、ご説明をさせて頂いております。, まずは1ヶ月から2ヶ月ほど、お試しでLINEモバイルを使って頂き、安心、納得をした上で乗り換えをして頂ければと思います。, 私も以前、LINEモバイルを2ヶ月間、お試しで使い、納得してから、ドコモを解約してLINEモバイルに乗り換えました。, LINEモバイルには、通話と通信ができる「音声通話SIM」と、通信のみができる「データSIM」の2種類のSIMカードタイプがあります。, 「音声通話SIM」の場合は、最低利用期間と契約解除料(違約金)の設定があり、1年以内に解約すると1,000円のペナルティを払わなければいけません。, 以前は違約金が9,500円だったので、その頃からすると安くはなりましたが、それでも、1ヶ月や2ヶ月のお試しで、解約する時に1,000円を払わなければいけないなんて嫌ですよね。, しかし、データSIMには違約金はありませんので、1ヶ月後でも2ヶ月後でも、いつでも無料で解約する事ができるのです。, データSIMでは通話は試せませんが、それ以外の機能はすべて使って頂く事ができますので、お試しはデータSIMで十分です。, LINEモバイルには、「LINEフリー」「コミュニケーションフリー」「MUSIC+」の3つの基本プランがあります。, そして、これらの基本プランの違いは何かと言いますと、データフリーで使える対象サービスが異なる点です。, データフリーとは、データ量を消費する事なく、対象サービスを使い放題に使えるサービスになります。, LINEフリープランの場合はLINEのみがデータフリーで使えるのですが、お試しで使う分には、コミュニケーションフリーの様に4つのSNSが使い放題でなくても良いと思います。, LINEフリープランのデータSIMなら、月額たった500円でLINEモバイルが使えますし、解約する時はタダで解約ができますので、2ヶ月間のお試しで1,000円しかかかりません。, 皆さまの中には、月額料金は安くお試しができるのは分かったけど、初期費用が高く付くんじゃないのと思われる方もいらっしゃると思います。, 確かにおっしゃる通りで、これはどこの格安SIMでもそうですが、LINEモバイルでも2種類の初期費用が発生します。, たった1ヶ月や2ヶ月のお試しに、初期費用が3,400円もかかってしまうと割に合いませんよね。, 私がお試しをした時には、エントリーパッケージを利用して、ウェブ登録事務手数料をタダでLINEモバイルに申し込みました。, 先ほど、データSIMの500円のプランでお試しをするのがベストだとお話をしましたが、少し訂正をさせて頂きまして、私の場合は、月額料金が120円高い、SMS付きのデータSIMをお試しに使いました。, これは、LINEモバイルの初期費用をタダにする事ができる「エントリーパッケージ」にその原因があって、エントリーパッケージが使えるのが、音声通話SIMとデータSIM(SMS付き)の2つだけなのです。, エントリーパッケージは、アマゾンで300円から400円で売っていて、エントリーパッケージを購入し、LINEモバイルのお申し込み画面でエントリーコードを入力する事により、ウェブ登録事務手数料の3,000円がタダになります。, SIMカード発行手数料の400円は支払う必要がありますので、結果、3,400円の初期費用が800円程で済み、これ位の初期費用なら許容範囲ですよね。, 大手キャリアからの乗り換えは不安がたくさんですし、いきなり乗り換えをして大失敗! なんて事が起こらない様にする為には、2,000円でお試しをして、安心して気持ち良く乗り換えられる方が良いと思います。, 参考記事【絶対に使うべき!】登録事務手数料がタダになるLINEモバイルのエントリーパッケージ!, LINEモバイルは、ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線のキャリア全ての回線を取り扱っているトリプルキャリアの格安SIMです。, ですので、今、皆さまがどこのキャリアを使っておられても、今お使いのスマホでLINEモバイルのお試しをして頂く事ができます。, ただし、皆さまがどこのキャリアのスマホを使っているかによって、LINEモバイルで適切な回線のSIMカードを申し込んで頂く必要があります。, もし、違う回線を使いたい場合は、SIMロック解除をしてお持ちのスマホをSIMフリースマホにして頂きますと、LINEモバイルのどの回線のSIMカードでも使えます。, 尚、古いスマホなど、お使いのスマホがLINEモバイルで利用できないケースもありますので、念の為、LINEモバイル公式サイトにて、使えるスマホかどうか、確認をして頂ければと思います。, LINEモバイル公式サイトに入って頂き、「端末」→「動作確認済み端末検索」に進んで頂きます。, すると、キーワードから探すことができますので、メーカー名や端末名を入力して頂く事で、LINEモバイルで使える端末かどうかを確認して頂く事ができます。, ドコモ版のiPhone8なら、LINEモバイルのドコモ回線ならそのままで使えて、ソフトバンク回線とau回線を使う場合は、SIMロック解除をする必要があるという事が分かります。, LINEモバイルのデータSIMでのお試しをおすすめしていますが、データSIMでは「音声通話」のお試しをして頂く事はできません。, 皆さまの中には、通話のチェックはしなくても大丈夫なのかと思われる方もいらっしゃると思います。, LINEモバイルなどの格安SIMは、大手キャリアの回線の一部を借りてサービスを提供していますので、データ通信については、時間帯や利用人数により繋がりにくくなる場合があり、お試しして頂いた方が安心できると思います。, しかし、通話に関してはデータ通信とは別回線になり、大手キャリアの電話回線を利用して通話をしますので、大手キャリアと変わりなく使って頂く事ができます。, それでは、LINEモバイルのお試しの流れを、ポイントになる部分だけ、図解でご説明させて頂きます。, そして、すぐ始めの段階で「エントリーコード」を入力する画面が出て来ますので、アマゾンで購入したエントリーパッケージに記載されたコードを入力して下さい。, ちなみに、エントリーコードを入力する欄のすぐ下に「キャンペーンコード」を入力する欄もありますが、データSIMはキャンペーンが適用されませんのでスルーなさって下さい。, そして、プラン選択の画面で「LINEフリープラン」を選択し、「1GB」「データSIM(SMS付き)」を選択して頂きます。, ここでのポイントは2つあって、1つ目は、エントリーコードを入力しますと、「データSIM」の選択肢は出て来ず、「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の2つしか表示されません。, 2つ目は、やはり、エントリーコードがきちんと入力されておらず、適用されていない場合は、一番下の初回支払料金の所に「ウェブ登録事務手数料-3,000円」が表示されます。, あとは、流れに沿ってお申し込みを進めて頂きましたら、無事、ウェブ登録事務手数料はタダで、620円の「データSIM(SMS付き)」のお申し込みが完了します。, 参考記事LINEモバイル、申し込み~スマホが使えるまでの一連の流れを時系列でご説明!, 格安SIM全般に言える事ですが、LINEモバイルは、普段はキャリアと同じ様にサクサクと使って頂く事ができます。, しかし、多くの人が一斉にスマホを使う、お昼休みの時間帯や、お仕事終わりの時間帯は、正直、かなり繋がりにくくなる事もあります。, 尚、LINEモバイルはソフトバンクの子会社ですので、LINEモバイルの3つの回線の中では、通信速度の速いソフトバンク回線がおすすめです。, LINEフリープランは、データ量を消費せずにデータフリーで使えるのはLINEだけですが、データ量は他社と同じ様に消費しますが、当然、TwitterやFacebook、Instagramも使う事ができますので、普通に使えるかチェックなさって下さい。, また、音楽アプリやその他のアプリもそうですし、LINEの無料通話やビデオ通話を始めとする色々なインターネット電話も、是非、試してみて下さい。, LINEモバイルには、電話、メール、チャットでのサポート、問い合わせ方法がありますが、とても便利なのが、LINEを使った「いつでもヘルプ」というサポートです。, 24時間365日対応でAI(人工知能)もサポートしてくれますが、是非、お試し頂きたいのが、午前10時から午後7時まで受付されるオペレーターさんの対応です。, 私も頻繁に「いつでもヘルプ」でオペレーターさんに質問をしていますが、待たされる事もほとんどありませんし、とても丁寧に的確に回答して頂けます。, LINEモバイルをお試し頂き、納得したので乗り換えようとご決心されましたら、順序を間違わず、乗り換えを進めて頂ければと思います。, ここでのポイントは、お試しのデータSIMを解約する前に、LINEモバイルの「追加申込」でメインスマホの乗り換えの申し込みをするという事です。, 「追加申込」で申し込みをする事で、申し込むSIMカードの種類によって、3,000円のウェブ登録事務手数料が最大、タダになるのです。, 参考記事家族利用で最大12,000円の割引!LINEモバイルの「追加申込」でお得に契約!, そして「申し込む」に進んで頂きますと、次の画面は、LINEモバイルの申し込み画面になり、プラン選択から始めて頂く事になります。, そして、「MNP転出」の下に「解約」がありますので、説明をお読み頂き「解約手続きをする」に進んで頂きますと、この後、アンケートなどがあり、解約して頂く事ができます。, それでは最後になりますが、この「追加申込」と「解約」をするタイミングを時系列でご説明させて頂き、この記事を終わらせて頂こうと思います。, まず、最も注意をして頂く事は、先ほども少しご説明をしましたが、絶対に先に解約をしてはいけません。, 先に解約手続きをしてしまいますと、「追加申込」ができなくなってしまいますのでご注意下さい。, そして、「追加申込」で申し込んだ分の「利用開始手続き」を月末日にする事で、キャリアが月末日に解約になると同時に、翌日の1日がメインスマホの「利用開始日」になりますので、一切、2重でスマホ代を払う事なく、乗り換えが完了します。, LINEモバイルのお試しの方法をご説明させて頂きましたが、ご理解頂けましたでしょうか。, LINEモバイルはスマホ代が安いので、乗り換えたいと多くの方が思っていらっしゃると思いますが、やはり、いきなり乗り換えるのは不安がいっぱいですよね。, そんな中、LINEモバイルをお試し感覚で利用できるのは、とっても安心して頂けると思います。, 実際、私も、初期費用を3,400円から773円に抑え(私はエントリーパッケージを373円で買いました。)、2ヶ月間、月620円でお試しをし、納得してメインスマホをドコモからLINEモバイルに乗り換えました。, 是非、この記事をご参考にして頂き、納得した上でLINEモバイルに乗り換えて頂けばと思います。, そして、安く快適にLINEモバイルを使って頂き、ご家族やお友だち、大切な人と素晴らしいコミュニケーションを図って頂ければと思います。, ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!.

ダイニングテーブル 長方形 コンパクト, さすらい 克美しげる, ニトリ 中野坂上, 嫌いなcm ランキング 2019, シバター 年齢, ワンルーム クイーンベッド, 昔の タンス 修理, 福連100 メリット, オクトパス トラベラー 年賀状, シンガーソングライター 男性 70年代, 洋楽女性グループ 昔, 宝くじ 必ず当たる おまじない, さくら まや ものまね, スロット アニメ 新台, 大塚商会 採用, ヤマダ電機 経営戦略, 家具補修 塗料, 山本リンダ 紅白, Cpa接続とは Uq, スナック ソファー 張り替え, 広告業界 面接 好きな広告, 3人用 ダイニングテーブル, ウィッチャー3 亡霊, 小池徹平 ブログ, Pixel3 エリアメール, ロト6 購入 コンビニ, ころなgames 素顔, ビッグローブ光 開通センター 電話番号, イドインヴェイデッド 漫画 最新刊, 寅の日 結婚, トニースターク 娘, モザイクジャパン 予告, ユーチューバー 人数, 宇多田ヒカル 2001, カリモク60 ダイニングチェア 口コミ, オードリー なんj, ブロードワイマックス 乗り換え先, パモウナ 食器棚 ブログ, ビーカンパニー 仙台, Uq Wimax 解約日, アサシンクリードオデッセイ 戦闘 コツ,

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です