池袋ウエストゲートパーク ヒカル 多重人格, アサシンクリードオリジンズ レベル上げ, 堀内賢雄 オーキド, ハーマンミラー オフィスチェア, 今宮健太 兄, 神楽坂 恵, ナスダック上場 すると, ソフトバンク ピッチャー ローテーション, 大塚美容外科 金沢 求人, 隕石 一 日, ウィッチャー 三人でタンゴを 回避, かすちゃん 動画, オクトパス トラベラー アップデート, ヤマダ電機 自転車, カラーボックス 寄付, 日本ベッド シルキーシフォン ブログ, セコム 就職偏差値, 家具店 アウトレット, 矢野監督 年俸, Uqモバイル Iphonese2 機種変更, 紅白 歌 合戦 返り咲き, 楽天モバイル エントリーパッケージ 期限切れ, ロックボーカリスト 日本 女性, 横浜 映画館 おすすめ, ホテル ポイント, 超小型スマホ 2019, Apn設定 Mmsc, 最新 ロト7予想 当たる, " />

長野県 地震 プレート

異常変動はすべて、ミニプレート④、⑤、⑥で起きていました。なお、2014年11月22に発生した長野県北部地震(m6.7、最大震度6弱)、そして2018年5月25日に発生した長野県北部地震(m5.2、最大震度5強)の震源は、ともにミニプレート⑤と⑥の境界付近でした。 地震検知日時 震央地名 マグニチュード 最大震度 情報発表日時; 2020年10月24日19時26分: 茨城県南部: M3.3: 震度1: 10月24日19時29分: 2020年10月24日14時14分: 鳥取県中部: M2.6: 震 … 下の図は、「ミニプレート分類図」に、2008年1月から2018年6月までに発生した最大震度5弱以上の地震の震源を重ね合わせたものです。この図から、内陸を震源としている地震の多くは、「ミニプレートの境界付近」で発生していることが見えてきます。, 一方、こちらの図は「地体構造図」に、2008年1月から2018年6月までに発生した最大震度5弱以上の地震の震源を重ね合わせたものです。この図からは、異なる地体の境界と地震の震源地に、相関関係を見つけることはできません。, さらにJESEA地震科学探査機構では、地表の変動を観測している電子基準点の情報をもとに、「ミニプレートの境界」を緻密に分析したのが下の図です。, 震度5弱以上の地震が発生した場所が「境界付近」の場合は“緑の円”、「非境界」の場合は“黄色の円”で示されています。この適合率を計算したところ、震度5弱以上の内陸地震の「約7割はミニプレート付近で発生している」ことが判明しました。 ミニプレート①は、“日本の大断層帯”といわれる中央構造線を含みます。 次に、2007年7月16日に起きた新潟県中越沖地震(M6.8、最大震度6強)が続きます。この地震では、東京電力柏崎刈羽原子力発電所が火災を起こして、少量の放射能漏れが発生しています。 内陸で発生した地震は、2012年2月8日に起きた佐渡付近地震(M5.7、最大震度5強)を除くと、計6回あり、そのうち4回はミニプレート⑤と⑥の境界で起きています。残り2回はミニプレート④の中央で発生しています。過去に大きな地震が起きたミニプレートは、不安定な状態になりやすく、今後も注意が必要です。, 地表は絶えず変動していますが、大きな地震の前には異常な変動が現れることがJESEA地震科学探査機構の研究でわかっています。2018年12月22日時点で、北信越・中部エリアにおいて、高さ方向に4センチを超える異常変動があった電子基準点を調べたところ、7箇所が該当しました。, 異常変動はすべて、ミニプレート④、⑤、⑥で起きていました。なお、2014年11月22に発生した長野県北部地震(M6.7、最大震度6弱)、そして2018年5月25日に発生した長野県北部地震(M5.2、最大震度5強)の震源は、ともにミニプレート⑤と⑥の境界付近でした。 地震のニュースなどで、たびたび登場する<太平洋プレート>や<フィリピン海プレート>と呼ばれているのは、地下にある巨大な岩盤のことです。JESEA地震科学探査機構では、2016年に発生した熊本地震を解析するなかで、日本列島の地下には同一方向に動くいくつかの塊があり、その“ミニプレート”が動くことで、境界部にひずみが溜まり、地震が発生しているという「ミニプレート理論」とも言うべき仮説に辿り着きました。 まず、日本列島を測位衛星の三次元データをもとに、いくつかの塊(クラス … 色んな気になることに目を向けて、発信していきたいと思っています(*^^*). 21世紀に入ってからは、2004年10月23日に発生した新潟県中越地震(M6.8、最大震度7)が北信越において、もっとも被害の大きな地震でした。このとき、旧山古志村(現・長岡市)では至るところで崩落が起き、全村避難を余儀なくされました。また、上越新幹線では脱線事故が発生し、在来線も路盤(線路を支える地盤)の崩壊など、甚大な被害を受けました。 子どもは小学生が1 人、中学生が1人。 この地域では「茨城県沖のプレート地震」が予想されています。今後30年以内の発生確率は90%程度以上です。(日本で発生確率がもっとも高い地震です)推定地震規模はマグニチュード6.7~7.2とされています。 この地域では「茨城県沖のプレート地震」が予想されています。今後30年以内の発生確率は90%程度以上です。(日本で発生確率がもっとも高い地震です)推定地震規模はマグニチュード6.7~7.2とされています。 関東地方で震度6弱以上の確率分布. © 2020 JESEA Corporation All Right Reserved. 日本は、8つのミニプレートに分けられます。 そして、地震は「断層」、つまり「線」が動くことで起こるのではなく、或る「塊」、つまり「ミニプレート」が動くことでその境界部にひずみが溜まり発生するのではないか…という仮説を立てるに至りました。それが、JESEA地震科学探査機構が提唱する「ミニプレート理論」です。今回は、ミニプレート理論で見る【北信越・中部】の動向について、お伝えします。, ×マークは、このエリアで起きた大きな地震の震源位置を示したものです。 まず、日本列島を測位衛星の三次元データをもとに、いくつかの塊(クラスタ)に分類することにしました。その数は、地震発生との相関を調査する上で、「8つが最適である」という結果に至りました。, 次に、JESEA地震科学探査機構が設定した「ミニプレート①から⑧が主にどのエリアに分類される」のかを解説します。, 中央構造ミニプレート=北海道北部・中部・西部、関東〜東海〜近畿の太平洋ベルト地帯、四国北部、九州の一部(大分県北部、熊本県北部)。 具体例を挙げるならば、2018年に発生した島根県西部地震(M6.1、最大震度5強)、長野県北部地震(M5.2、最大震度5弱)、大阪府北部地震(M6.1、最大震度6弱)は、すべてミニプレートの境界付近を震源とした地震です。, JESEA地震科学探査機構では「ミニプレート理論」だけでなく、さまざまな科学的なアプローチ、データを組み合わせることによって、地震の予測を行っています。AIなどの最新テクノロジーも分析に取り入れることで、「地震予測から地震予知へ」と精度の向上を目指し、日夜地震の研究を進めています。. ©Copyright2020 彩りゴコロ、彩り日和.All Rights Reserved. 一方で、地質学において「地体構造図」というものが存在します。これは、地質学者がそれぞれの現地調査や経験によって作成しているため、作成者によって内容が異なるほか、情報がアップデートされることもほとんどありません。 関東地方. 子どもは自分のことは自分で出来るようになり、ようやく自分の時間も持てるようになりました。 目次に戻る. これまでも大きな地震が短期間で何度も発生しているエリアということもあり、北信越・中部エリアについては、今後もJESEA地震科学探査機構では、地表の動きなどを注意深く監視していく予定です。. JESEA地震科学探査機構では、日本列島を構成するプレートを8つに分類した「ミニプレート理論」を地震予測に活用しています。今回は、その誕生の経緯、ミニプレートの分類や特徴などについて、解説します。, 地震のニュースなどで、たびたび登場する<太平洋プレート>や<フィリピン海プレート>と呼ばれているのは、地下にある巨大な岩盤のことです。JESEA地震科学探査機構では、2016年に発生した熊本地震を解析するなかで、日本列島の地下には同一方向に動くいくつかの塊があり、その“ミニプレート”が動くことで、境界部にひずみが溜まり、地震が発生しているという「ミニプレート理論」とも言うべき仮説に辿り着きました。 地震 目指すは、地震予測から地震予知へ――村井俊治 東京大学名誉教授が語る「ミニプレート理論」. たくさんの断層が日本の下にあり、いつどこで地震が起こってもおかしくありません。, これを機会に一度、あなたのおうちの防災グッズ、避難経路など確認しなおしてみてくださいね!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 異常変動はすべて、ミニプレート④、⑤、⑥で起きていました。なお、2014年11月22に発生した長野県北部地震(m6.7、最大震度6弱)、そして2018年5月25日に発生した長野県北部地震(m5.2、最大震度5強)の震源は、ともにミニプレート⑤と⑥の境界付近でした。 東日本大震災以降、北信越では2018年までに震度5強以上の大きな地震が7回発生しています。その震源をすべて調査したところ、いずれもミニプレート④、⑤、⑥で起きていることがわかりました。 いよいよ40代に突入しました。 断層とは、地下の岩盤に力が加わり、ずれた状態を指します。また地震のニュースなどで登場する「活断層」とは、将来的にそのずれが地震を生む可能性を持つ断層のことです。しかし「断層によって地震が起きる」という十分な根拠はありません。これに対して、JESEA地震科学探査機構では、断層ではなく、「ミニプレートが動くから地震が起きる」という仮説を立て、分析を進めています。, 南寄り中央構造ミニプレート=北海道北東部、南関東、東海南部、紀伊半島南部、四国中部、九州の一部(大分県中部、熊本県中部)。, 南岸ミニプレート=北海道東部、房総半島南端、伊豆半島南端、紀伊半島南端、四国南部。, 北寄り中央構造ミニプレート=北海道南部、関東〜中部〜近畿の内陸部、山陽、九州北部、宮崎県北部。, 島根・茨城横断ミニプレート=北海道南端、下北半島、津軽半島、北関東沿岸〜内陸部、長野県北部〜北陸、山陰、九州西部および南部。, 新潟・福島横断ミニプレート=青森県(ミニプレート⑤のエリアを除く)、福島県〜新潟県〜富山県〜能登半島。, 北上ミニプレート=岩手県〜宮城県沿岸部。 このミニプレートは、東日本大震災でもっとも激しく変動し、津波の被害がいちばん甚大だった場所です。, ミニプレート①から⑧は、測位衛星に日々蓄積されるデータによって導き出したものであり、科学的な根拠をもって、作成(分類)されたものです。そのため、ミニプレートは定量的であり、動的であり、再現性があります。 さらに2011年3月12日には、前日に発生した東日本大震災の誘発地震(連鎖地震)と思われる大地震(M6.7、最大震度6強)が長野県北部で発生。新潟県との県境にある栄村に大きな被害をもたらしました。 長野栄は、2011年3月12日の地震(M6.7、最大震度6強)から8年近くが経過しても、いまだに不安定な変動を続けています。また同様に、白馬もかなり乱高下しており、全体的に上下動を繰り返しながら、次第に隆起していることがわかります。この隆起傾向が「沈降傾向」に反転するとき、地震が発生する可能性が高いと考えられます。 © 2020 JESEA Corporation All Right Reserved. 九州の鹿児島・熊本~四国~紀伊半島~東海~長野に延びています。, このことをふまえると、この先最悪の場合ですが長野や静岡、四国、九州で、同じような内陸直下地震が立て続けに起こる可能性があるとのことです。, 南海トラフは、日本列島が位置する大陸のプレートの下に、海洋プレートのフィリピン海プレートが南側から年間数cm割合で沈み込んでいる場所です。この沈み込みに伴い、2つのプレートの境界にはひずみが蓄積されています。過去1400年間を見ると、南海トラフでは約100~200年の間隔で蓄積されたひずみを解放する大地震が発生, 政府は、30年以内の南海トラフ発生確率を『70%程度』から『70~80%』に引き上げました。, 熊本地震以来、地震が起こる確率が第1位だった地域は長野・安曇野~諏訪湖周辺でした。, 地震大国日本。 長野県民のあなた、長野県で起きる地震の発生確率ってどれくらいか知っていますか?そして地震対策しっかりできていますか? 「いつ発生するか」はわからないけれど、「いつか起きる」ことだけは確実 … 2017.06.25 サイト管理人のaikoです。 aiko369, 今から2000万年前、日本列島はアジア大陸から離れて太平洋のほうへ動き出しました。, その後、数100万年前にフィリピン海プレートが伊豆半島を連れて日本列島に近づき、真っ二つになっていた日本列島が圧縮されて近づきました。, 詳しくは忘れてしまいましたが、長野で地震が起こると、何年後かには熊本で地震が起こると聞いたことがありました。, 熊本で大きな地震が起こるとその二年後には長野でも大きな地震があるというの聞いたことあるんだけど…今のその前兆ではないよね…?, 熊本地震あとに長野揺れたよね~繋がってるのかね?熊本今日はあんまり震度なかったけど…気になりますな~, 中央構造線というのは日本最大の巨大断層のことで、 「ミニプレート分類図」と「地体構造図」を比較してみましょう。, 中央構造線に沿ったエリアは、類似点も多く見られますが、東北から関東にまたがるエリアにおいては、「ミニプレート分類図」の方がより細分化されています。 プレートの境界はひずみが溜まりやすく、大きな地震が起きやすい場所ともいえます。新潟県および長野県は、注意が必要であると、JESEA地震科学探査機構では考えています。, JESEA地震化学探査機構では、長野県・長野栄、白馬の変動に注目しました。なぜなら、どちらも過去に発生した大地震の震源近くであり、大きな揺れに見舞われた地域だからです。 海なし県である長野県でも、南海トラフによる巨大地震の影響を受けてきた歴史があります。 1707年10月28日に 宝永地震 (マグニチュード8.6)が発生し、その 49日後には富士山が大噴火を起こす 歴史的な災害が起きています。 熊本の大地震の後、数年後に長野で大きめの地震が発生しています。 熊本の地震と長野の地震は、どうやら関係があるようです。 2県の過去の主な地震についてみてみましょう。 (日付が新しい順) 2018.5.11 長野 北部 震度5弱; 2017.7/11 鹿児島 薩摩 震度5強 北信越・中部はこの先、どのように動くか――村井俊治 東京大学名誉教授が語る地震予測.

池袋ウエストゲートパーク ヒカル 多重人格, アサシンクリードオリジンズ レベル上げ, 堀内賢雄 オーキド, ハーマンミラー オフィスチェア, 今宮健太 兄, 神楽坂 恵, ナスダック上場 すると, ソフトバンク ピッチャー ローテーション, 大塚美容外科 金沢 求人, 隕石 一 日, ウィッチャー 三人でタンゴを 回避, かすちゃん 動画, オクトパス トラベラー アップデート, ヤマダ電機 自転車, カラーボックス 寄付, 日本ベッド シルキーシフォン ブログ, セコム 就職偏差値, 家具店 アウトレット, 矢野監督 年俸, Uqモバイル Iphonese2 機種変更, 紅白 歌 合戦 返り咲き, 楽天モバイル エントリーパッケージ 期限切れ, ロックボーカリスト 日本 女性, 横浜 映画館 おすすめ, ホテル ポイント, 超小型スマホ 2019, Apn設定 Mmsc, 最新 ロト7予想 当たる,

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です