トレーサビリティ it

「トレーサビリティ」という言葉で、皆さんは何を思われるでしょうか? この「リコール」を実施する場合、対象製品を特定しできるだけ限定することが非常に重要となります。すなわち品質問題を支援するとして「トレーサビリティ」が注目されています。, 「リコール」等品質問題発生が発生した時には、対象となる製品を特定する必要があります。そのためには不具合が、使用した特定の原材料に起因しているのか、特定の設計仕様の部品に起因しているのか真の原因を究明した上で、原因となる原材料・部品を使用した製品がどのような時期・経路で市場に出ているのかを調査することとなります。この調査が迅速・精確にできないと、対象製品を広げざるを得ず、投網を打つようなリコールを行なうことになり、お客様が混乱するばかりではなく、莫大な費用がかかってしまいます。, 真の原因の究明は、製品を構成する部品ごとに原材料の観点・設計仕様の観点から行われます。このプロセスは、「製品構成の追跡管理」とも呼ばれます。また、該当製品がどのような時期・経路で市場に出て、消費者の手元にある製品量はいくらかといった調査プロセスは、「製品流通の追跡管理」とも呼ばれます。図1トレーサビリティの概念に示すように、「製品構成の追跡管理」と「製品流通の追跡管理」とが連動して初めて一気通貫性のある製品追跡管理の仕組みが確立されることとなります。, 一般的に製造業の「トレーサビリティ」では、このように素材から消費者まで一気通貫の製品追跡が要求されるわけです。しかしながら、個々の企業においては、自社の製品特性(組立品か単品か、消費者向けかメーカー向けか、満足すべき規格・安全基準等)により、要求される「トレーサビリティ」のレベルは異なります。自社に必要とされるレベルを見極め、最適な「トレーサビリティ」の仕組みを構築して行くことが、品質も含めて安心・安全への関心が高まっているこの時代、企業の社会的責任の一つとなっていると言えます。. ハンディターミナルシステムを使ったトレーサビリティの流れやメリットをご紹介。ハンディターミナル活用ガイドはただコードを読み取るだけじゃなく、とことん使いこなすための知識やポイントが学べるサイトです。活用事例もたっぷり掲載中! Copyright © 2020 KEYENCE CORPORATION. 「その製品がいつ、どこで、誰によって作られたのか」を明らかにするため、原材料の調達から生産、消費または廃棄まで追跡可能な状態にする「トレーサビリティ」という概念。昔から製造業では、品質管理・品質保証の観点で実施されてきましたが、近年では安全意識の高まりもあり食品・医薬品業界でも一般的になっています。こちらでは、トレーサビリティの基本的な知識に加え、ハンディターミナルシステムを使ったトレーサビリティの流れやメリットをご紹介します。, トレーサビリティ(Traceability)とは、「トレース(Trace:追跡)」と「アビリティ(Ability:能力)」を組み合わせた造語で、日本語では「追跡可能性」と訳されます。自動車や電子部品、食品、医薬品などの業界によって多少定義は異なりますが、製造業を例にするとトレーサビリティの意味は以下のようになります。トレーサビリティについては、国際標準化機構のISO9001でも定められています。, 原材料・部品の調達から加工、組立、流通、販売の各工程で製造者・仕入先・販売元などを記録し、履歴を追跡可能な状態にしておくこと, 製造業では、古くからトレーサビリティの概念が浸透しており、特に自動車業界はリコール制度に対応するために早くから導入されています。そしてリコールの範囲が拡大するにつれ、不具合発生時に迅速に回収・改善できるようにトレーサビリティの確保は業界問わず求められるようになります。, また、2000年台初頭に起きたBSE(狂牛病)問題もトレーサビリティを世間に広めるきっかけになりました。BSE(狂牛病)問題を受け、農林水産省は2003年に「牛トレーサビリティ法」を導入。国内で生まれたすべての牛を個体識別し、業者に仕入れ・販売の記録を義務付けました。さらに日本人の主食である米を対象にした「米トレーサビリティ法」をはじめとした「食品トレーサビリティ法」を本格的にスタートし、食の安全確保に乗り出しました。同年に厚生労働省が施行した改正薬事法では、血液製剤やワクチンなどの生物由来製品を取り扱う事業者・医療関係者にトレーサビリティ管理を義務づけるなど、トレーサビリティは食品・医薬品でも一気に拡大し、現在に至ります。, トレーサビリティにはさまざまな捉え方がありますが、「チェーントレーサビリティ」と「内部トレーサビリティ」に分けることができます。ちなみに上述したトレーサビリティの概念は、チェーントレーサビリティに該当します。, トレーサビリティでは、部品・製品を個別またはロット単位で識別し、それぞれの工程で情報を蓄積します。そして蓄積した情報をもとに部品・製品の移動を時間経過に沿って追跡することを「トレースフォワード(追跡)」、逆に時系列をさかのぼって記録をたどることを「トレースバック(遡及)」と呼びます。, 時間経過に沿って部品・製品を追跡すること。例えば、ある部品で不良が判明したときに、迅速にその部品が使われている製品を特定し、ピンポイントで回収することに役立ちます。リコールや不良品回収の対策として有効です。, 時系列をさかのぼって記録をたどること。例えば、出荷した製品に問題が起きたときにトレースバックできれば、影響のあるロットや工程を特定でき、原因究明することができます。工程改善・品質改善に有効で、製品品質の向上や安定に有効です。, トレースフォワードやトレースバックは、各工程での情報が適切に記録・保存されていることが大前提になります。製品番号やロット番号のほか、生産地や賞味期限、製造日時や検査内容、入出荷先などを工程ごとに取得する必要があります。, トレーサビリティでは、情報を伝達する識別記号を「表現様式」、ラベルや電子タグなどの記録するものを「伝達媒体」、収集・管理する紙の台帳やパソコンなどを「記録媒体」と呼びます。一番手軽なトレーサビリティの手法は、文字(表現様式)を手書き伝票(伝達媒体)で伝え、台帳(記録媒体)に書き写す方法ですが、多くの情報を記録するには手間もかかり非効率です。そこでトレーサビリティを確保するには、バーコードや2次元コード、それらを読み取るハンディターミナルなどが一般的に使用されます。, トレーサビリティのシステム化を実現するためには、各工程で作業の履歴を取り、データを一元で管理することが重要です。バーコードを利用すれば、ハンディターミナルで読み取るだけで、簡単に情報を集めることができます。, トレーサビリティを確保するためにハンディターミナルを導入するメリットについてご紹介します。, トレーサビリティでは、「その製品がいつ、どこで、誰によって作られたのか」を工程ごとに収集・記録する必要があります。ハンディターミナルシステムを導入すれば、自動で日付情報を付与することができるので、手軽にトレーサビリティを実現します。, 台帳などを使って手書きで管理する場合、どうしても記入漏れ・記入ミスなどが発生する可能性があります。バーコード・2次元コードであれば、記入漏れ・記入ミスなどをゼロにすることができます。, ものづくりの現場で、すべての部品・製品の情報を管理するには膨大な手間・コストがかかります。しかし、バーコードや2次元コードであれば簡単に付与することができ、デジタルデータなので管理も簡単です。品目単位・入荷日単位・ロット単位・賞味期限単位など単位ごとにトレースすることも簡単です。, ハンディターミナルで収集したデータは、パソコンやサーバ上に保管されているので情報の検索・閲覧が簡単にでき、迅速なトレースフォワード・トレースバックが可能です。, 同一のバーコードや2次元コードを使用すれば、複数の工程や工場間での情報の共有・紐づけやトレースも簡単に行え、チェーントレーサビリティの実現に貢献します。.

この言葉を有名にしたのは、BSE(牛海綿状脳症)問題への対応として、2003年農林水産省が導入した「牛肉のトレーサビリティ」です。これを契機に、産地・流通経路といった食に対する消費者の安心・安全の関心は非常に高いものになっています。

トレーサビリティ確保によるコスト削減(手戻り作業の削減)効果を検証する。 2 .

TraceFishプロジェクトの成果はその後、EUのTraceプロジェクト(水産物を除く食品全般)とSEAFOODplus(水産物)に引継がれ、さらにこの2つのプロジェクトの成果を食品全般に対応可能なトレーサビリティに応用するTraceFoodプロジェクトの立ち上げが検討されている。, TraceFoodではトレーサビリティシステムの電子取引情報の規格としてTraceCore XML、トレーサビリティ導入運用のためのガイドラインとしてGTP(Good Traceability Practice)がプロジェクト終了の2009年を目標に検討されており、ユニークな取引コード体系として欧州のEANコード体系と米国のUCCコード体系を統一したGS1(Global Standard One)の導入が推奨されている。, 法律面では「一般食品法への規則(EC)No178/2002」が制定され、2005年1月1日からの試行を経て2007年1月1日から、EU域内25カ国の全ての食品企業は、入荷から出荷までの製造過程の記録を残すこと、「One step Up、One step Down」が義務付けられている。, このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「トレーサビリティ (流通)」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。, 元は流通業界から生まれた言葉で、対象とする物品(とその部品や原材料)の生産から販売に至るまでの流通履歴を確認できる状態にあることをいう。, クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。, 対象とする物品に対して関心を示した人間(代表例は消費者)が、その物品の履歴をさかのぼって、物品の生産履歴を見ることは、トレーサビリティ(トレースバック)によってもたらされる。, 対象とする物品に問題が発見された時、その物品が販売された特定顧客に対してピンポイントで商品の回収を行うことは、トレーサビリティ(トレースフォワード)によってもたらされる。. All Rights Reserved. IT業界における「トレーサビリティチェック」の目的は、先にチェック方法を説明した通りに、要件定義に定義された要件がシステム機能に取り込まれているかを確認し、「取り込み漏れ」や「考慮漏れ」、「対応漏れ」を見つけ出すことを目的としています。

å‹™ã®ãŠä»•äº‹å‘けコラム・素材, メーカー担当者の熱いコメント, 時代を変えた各種IT技術の歴史, 事例で分かる!大塚商会のサポート, 大塚商会の各種センターを紹介. トレーサビリティ(traceability)は、物品の流通経路を生産段階から最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態をいう。日本語では追跡可能性(ついせきかのうせい)とも言われる。, 20世紀末頃より、遺伝子組み換え作物の登場や、有機農産物の人気の高まり、食品アレルギーやBSE問題、偽装表示、産地偽装問題などの発生に伴って、食品の安全性や、消費者の選択権に対する関心が高まっており、特に食品分野でのトレーサビリティが注目されている。, 日本ではBSE問題から牛肉に、事故米穀問題から米・米加工品にトレーサビリティが義務化された。しかし、事故麦問題が起きている麦に対してはまだ義務化されていない。, 日本では消費者や量販店のメリットが注目を集めるが、EUでは食の安全を築くために必要なシステムとして、販売業者だけではなく生産者や輸送業者など、流通全体を含めた社会的システムとして考えられている。(→参考:Traceability(英語))。, トレーサビリティとは、対象とする物品(とその部品や原材料)の流通履歴を確認できることである。, トレーサビリティには、トレースバックと、トレースフォワードがある。前者は物品の流通履歴の時系列にさかのぼって記録をたどる方向で、後者は時間経過に沿っていく方向である。, トレーサビリティは、対象となる物品を、観測しうる物理量によって定量的に記述された記録によって構築される。物理量とは、時刻、重量、名称、物品に添付意された記号(バーコードなど)等々によって記述される。, 物理量の計測結果が一定でなかったり、添付された記号などが故意・過失によって紛失等することは、物流におけるトレーサビリティの避けて通れない点である。したがって、トレーサビリティを構築する人間のモラルが、トレーサビリティの信頼の根源である。, 日本語で単に「トレーサビリティ」という場合には、一般に工業製品や食料品など、市場を流通する様々な商品に関連して、これら物品が遣り取りされ、最終的に販売されるところまでなどを指す傾向が強い。この場合では、農業や漁業といった食品産業における第一次産業や製造業など第二次産業から商業活動など第三次産業までにおけるトレーサビリティに限定されている。また、物理量の記述の蓄積がトレーサビリティの構築の必要要件であるため、無形財を対象としたトレーサビリティは不可能である。, たとえば食品として流通する大根を考えた場合、この大根に関する観測可能な現象は、時間的な範囲では種子の選定から大根の成長、取り入れと出荷、消費もしくは廃棄されるまでであるが、対象範囲の空間は畑から消費した個人やゴミ箱(さらには公的焼却炉など)までなる。厳密には、種苗企業やそれ以前の採種段階などの種の流通経路も含まれる。この情報に誰が関心を持つかによっても違ってくるが、情報を提供する手段や経路の選択も必要で、例えば農業協同組合などが統括している場合においては、生産者側であれば問い合わせにデータシートの形で提供することも可能であろうし、流通業者であればオンラインシステムで接続してデータベースの形で利用させ、末端の消費者であればインターネット上のウェブサイトなどより情報提供を行うことが想定できる。, リサイクルの進展に伴い、家電製品や自動車などのリサイクル資源の処理についてもトレーサビリティが求められており、日本では消費者がリサイクル費用を負担する家電製品(2005年時点ではテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン)では、処理について確認することが可能となっている。, なお、宅配便等のサービスでは、発送元から到着先までが一対一であるため、追跡性が極めて高い。全ての貨物情報がオンライン処理されている現代にあっては、発送側や到着先が、荷物の受付伝票に記載された番号によって、今何処の集荷場を通過しているかを、インターネットの運送業者のウェブサイト上において、リアルタイムで確認する事が可能となっている。特にこれらは通信販売業者等が、商品発送の際に、顧客に伝票番号を通知・顧客側で荷物の到着過程を確認できるといった利用法にも用いられ、宅配便を使った円滑な商取引に活用されている。, 日本では、完全なトレーサビリティ実現の手段として、ICタグが経済産業省を中心とした官民合同で研究開発段階にある。また食品(特に牛肉・鶏卵等)は、農林水産省がトレーサビリティ普及に向けた活動を行っている。実際の普及までのハードルには、主にコスト面での課題に因る所が大きいが、ICタグを利用したトレーサビリティに関しては、社会的に浸透すれば一つ数円台にまで価格は低下すると見られている。, 日本では、様々な下請工場を経て生産される工業製品の多くは、古くは管理番号と台帳・近年ではバーコードを印刷したシールを通箱に添付して要所要所でチェックする事で、ロット毎の品質管理を行う様式が発達している。これらは、様々な粗製品や半製品(仕掛品)の品質不良が判明した場合、いち早く該当する部品を使用した製品の所在を明らかにすることが可能で、日本製品の品質向上に大きく貢献しており、世界的にも同様の製造手法が導入されている。, しかし、様々な部品が集約されて一つの製品となる工業製品とは逆に、末端に行くほど細分化されて流通する食料品の場合は、パック詰め状態にまで追跡すると、人的にも設備的にも膨大なコストを発生させる事から、なかなか進まない問題があった。一方では、年々高まる消費者の食物に対する関心により、生産者側から一方的に供給されるスタイルから、消費者が生産者によって購入するかどうかを選ぶスタイルも生まれて来た。特に海外からの輸入食料では、ストハーベスト農薬等による、食の安全性という問題もあり、食品の流通にまで消費者が関心を寄せる傾向は1980年代より急速に高まっており、更に各種食品問題によってトレーサビリティの重要度は、多方面で認識され始めている。, 米国では2003年末に発生した乳牛の牛海綿状脳症|BSE(狂牛病)問題により、2005年現在でも日本を始めとする各国から牛肉の禁輸措置を受けているが(日本については2005年12月に条件付で禁輸解除米国・カナダ産牛肉、輸入再開決定されたものの、危険部位が除去されていなかったことが発覚し、再び輸入停止)、同国内のトレーサビリティが不完全であった事が、同問題を長引かせる要因として挙げられる。, この問題では、異常プリオン汚染飼料を与えられた事が疑われる牛・80頭がカナダのアルバータ州から米国内に入った後、28頭の行方までは189飼育施設の調査で判明したが、残り52頭は「調査不能」となっており、既に食肉として市場に出回ったり、肉骨粉として再利用された可能性も挙げられている。, 1990年代のイギリスBSE問題では、感染の可能性が疑われる牛425万頭が2000年に殺処分され、これら牛の飼育コストの補償や処分コストにより、莫大な損害を発生させているが、それでも酪農製品輸出の完全な禁止状態に比べれば、必ずしも不利益となり得ない背景がある訳だが、トレーサビリティが充実すれば、これらの損害を最小限に抑えられると考えられている。, 日本では、2004年12月から、「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」(牛肉トレーサビリティ法)の施行により、国産牛肉については、牛の出生からと畜場(食肉処理場)で処理されて、牛肉に加工され、小売店頭に並ぶ一連の履歴を10桁の個体識別番号で管理し、取引のデータを記録することになった。→牛肉#牛肉の履歴表示について参照, BSEの経験より、畜産物だけではなく水産物の安全管理にもトレーサビリティの必要性を求めたEU政府は、「生活の質の向上と管理(Quality of life and management of living resources)」(project number QLK1-2000-00164)研究の一環として水産業の先進国であるノルウェーにTraceFishプロジェクトとして水産物トレーサビリティシステムの立案を委託した。, TraceFishプロジェクトは2000年末から2002年末までの活動成果として水産トレーサビリティに必要な記録項目CWA14659 Traceability of fishery products - Specification of the information to be recorded in farmed fish distribution chains 2 実験分野 今回の実験では、以下の実験分野を選択した。

All Rights Reserved. 「トレーサビリティ」という言葉で、皆さんは何を思われるでしょうか? この言葉を有名にしたのは、bse(牛海綿状脳症)問題への対応として、2003年農林水産省が導入した「牛肉のトレーサビリティ」 … 体的に書くとメールやホームページのファイルにくっつけて送られる「このファイルは、こんな種類のファイルですよ」な情…, そいつを複製できないようにする処理とか機能とか動作とかのことです。順番に見ていきましょう。まずは予備知識として「不正コピー(違法コピー)」について簡単に説…, 「ウイルス定義ファイル」のこと。用語の中身としてはウイルスセキュリティソフトさん用のカンペでありコンピュータウイルスの情報が載っているファイルです。順番に…, 「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典, こちら(リンク先:「PCS - Piyopiyo Create Service」Webサイト), 囚人のジレンマ (prisoner’s dilemma). 昨年5月施行された「改正消費生活用製品安全法」では、消費生活用製品事故が発生した場合の再発防止策としては製品・部品の無償交換である「リコール」を行うことを大原則としています。わが国におけるリコール制度は、1969年に制定された自動車リコール制度が最初で、法的強制力のある唯一のものでした。この「改正消費生活用製品安全法」の施行により一般の消費生活用製品にも「リコール」が義務付けられたこととなります。これを受け、他の製品においても、「リコール」で対応する傾向が強くなっています。

椎名林檎 幼稚園, 国産 木工 家具, 舞踏会 シンデレラ, 1976 紅白歌手 殺人, へずまりゅう 伊勢谷, 千葉 宝くじ売り場 コロナ, ヤマダ電機 ケイタイde安心会員 Pcパスワード, アーロンチェア 腰痛, キンキーブーツ Netflix, よりひと Youtube 引退, ノクドゥ伝 感想, 平均年俸ランキング 2019, ソフトバンクホークス 来季 監督, 大塚家具 リーマン ショック, イワンカレリン 夢小説, 浅香唯 ブログ, 宝くじ 100万 税金, 五木ひろし 妻 難病, 東京オリンピック テニス 選手, メサイア 近 大, お岩木山 楽譜, 男性グループ 人気 日本, ナンバーズ4 過去20回, 丘みどり 保険 Cm, 角取ポニー コスプレ, Youtube ころな 2ch, ウニコ 照明 みかん, 南海トラフ地震 確率, 強震モニタを見守るスレ 1149, ウィッチャー3 攻略 マップ, スポーツ選手 年俸 ランキング 日本, Uq エントリーパッケージ 使い方, 藤原 紀香 スケジュール, Auスマートパス 解約 デメリット, ミニロト クイックピック 当選者, Gmo キャッシュバック 金額, 山下大輝 ポケモン, ダイニングテーブル 4人, 東京インテリア ニトリ 品質, So-net 強制解約, 1000マイル キロ, トニースターク 葬式, 津田健次郎写真集 「flowing」, 山下大輝 ポケモン ゴウ, ウィッチャー3 グウェント 諜報員, J2 年俸ランキング 2020, 舞踏会 ドレス 赤, オクトパストラベラー 微妙, Uq Amazonギフト券 来ない, Speed Wi-fi Home L02 ランプ, Wimax解約 Au, 池袋ウエストゲートパーク あらすじ, ゆずっ き ー 最新, 阪神淡路大震災 津波, 懸賞 当たる スピリチュアル,

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です