ダンデライオンチョコレート 工場見学

ものづくりの街・浅草橋には、大人がワクワクするお店がたくさん。そこで「浅草橋を歩く」では、気になるお店をとことん深堀する企画“おとなの社会科見学”を始めました。, 記念すべき第1回目は、浅草橋からちょっと足をのばして……「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」。大人気のチョコレートショップをおとずれ、お店の魅力を隅々までレポートします。, 前半では、「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」のこだわりが詰まった製造工程や商品の数々をレポートしました。, 後半は、店内のカフェスペースで味わえるさまざまなメニューをご紹介。季節限定品や、ここでしか楽しめないオリジナルメニューが続々登場します。, ダンデライオンには、1階にファクトリーとスタンド、2階にカフェ&ワークショップスペースがあります。, 1階のスタンド席は、チョコレートが作られる過程を眺めながらドリンクやペストリーを味わえるスペース。ワクワクした気分で過ごすことができますよ♪, のんびりと寛ぎながらスイーツやドリンクを味わいたい、という方には、2階の広々としたカフェスペースがおすすめ。, ソファでおしゃべりを楽しむ人、デスクで仕事をする人、仕事や家事の合間にひと休みする人・・・バリエーション豊かな過ごし方ができるフロアです。, お店の目の前にある公園には穏やかな時間が流れていて、窓に映る四季折々の風景がまるで絵画のよう。癒やしのひとときに、彩りを加えてくれます。, カフェスペースには、ユニークな仕掛けもあります。ワークショップスペースとしても使用されている一角には、ガラス張りの大きなテーブルが。, このテーブル、ガラス面を覗くと、1階のファクトリースペースの様子を鑑賞することができるのです。, 頭上から眺めるファクトリーは、1階で見る光景とはまた異なる印象。知らなかった世界を垣間みると、なんだか童心をくすぐられるような不思議な感覚を楽しめます。, おとずれた時の気分によってテーブルを使い分けることのできるカフェスペースで、ぜひ、あなた好みのひとときを楽しんでください。, 今回の取材では、広報担当の芹沢さんにおすすめを伺いながらメニューをチョイスしました。, 「ダンデライオン・チョコレートをおとずれたらまず食べてほしいのは、やはり蔵前の“シェフズテイスティング”ですね」と芹沢さん。, サンフランシスコ、蔵前、伊勢で販売されている“シェフズテイスティング”は、同じ商品名でも店舗によって全く異なる内容。店内でしか食べられない上に毎日限定30食、産地の異なるカカオを使用した5種類のスイーツのマリアージュを楽しめる特別な一皿です。宝石のように並んだ小さなスイーツは、見ているだけでうっとりするビジュアルをしていますよ♡, こちらのメニューは、右から順に食べていくのがポイント。コースのように組み立てられているので、この順番で食べることによって一品一品をよりおいしく味わえるのだそう。, まずは、しっとり食感の生地からエクアドル産のカカオの香りがふんわりと漂うカヌレから。そしてお次は、グアマテラ産のカカオ豆を使用したチョコレートソースと層になったピスタチオのクレームブリュレ。, 確かに、順に食べることによって、異なる食感や風味をより色濃く味わうことができます。, すべてが一口サイズなのも、このメニューの大きな魅力。食べ進めても飽きることがなく、むしろ次のスイーツがどんどん楽しみになってくるのです。, 3品目は、爽やかなレモンの風味とベリーズ産カカオ豆のチョコレートがアクセントのタルトシトロン。4品目のプロフィトロールは濃厚なタンザニア産のカカオ豆からできたチョコレートクリームが堪能できるので、ニュアンスの違いが分かりやすく、それぞれのおいしさが一層際立ちます。, そして最後は、カカオの果肉を使用したジュレ。希少な果肉部分を使用したフレッシュな味わいは、ラストにふさわしい逸品です。, 蔵前の“シェフズテイスティング”は、カカオを知り尽くした同店だからこそ味わえるフルコース感覚のリッチなメニュー。ダンデライオンの魅力が、このワンプレートにぎっしり詰まっていました。, ダンデライオン一番人気である“ブラウニーバイトフライト”も必食。産地の異なるカカオの特色を存分に味わうことができる画期的なメニューです。, インド・グアマテラ・ベリーズのカカオを使用したこの3つのブラウニー(2019年6月時点・産地は時期によって異なります)、見た目にはほとんど違いが分かりませんが、食べ比べてみると・・・, ペーパーに記載されたフレーバーを参考に食べ比べるのも良いですが、あえて情報を見ずそれぞれの個性を探っていきながら食べ進めるのも一興。, カカオの奥深さを楽しんで知ることができる、五感が満足する新感覚のメニューを、心ゆくまで堪能してください。, おすすめしたいメニューはまだまだあります。店頭には、どれにしようか迷ってしまうほど魅力的なスイーツがずらり。どのメニューにも厳選されたカカオがお菓子に合わせて使われているので、色々な角度からおいしさを楽しむことができます。, 新商品のレモンタルトもおすすめ。レモンの爽やかさと濃厚なチョコレートのハーモニーがヤミツキになるおいしさですよ♪, メニューの中には、ファクトリー&カフェ蔵前でしか味わえない特別なメニューや季節限定商品も。, バリスタが淹れるコーヒーやチョコレートドリンク、カカオの果肉を使ったスムージー、さらにはアルコールまでラインナップされており、チョコレートスイーツとのペアリングは無限大。, 近くにお店を構える「NAKAMURA TEA LIFE STORE」のほうじ茶を使用した“クラマエホットチョコレート”は、後味がスッキリとしながらもコク深い味わい。チョコレートと有機栽培ほうじ茶、それぞれが持つ個性が引き立ち合う絶品ドリンクは、ものづくりの街・蔵前ならではの個性あふれる一品です。, 男性の支持率も高いという“ミッションホットチョコレート”は、オールスパイスやカイエンペッパーなどオリジナルブレンドのスパイスを使用した個性豊かなドリンク。, 芹沢さんをはじめ、ダンデライオンで働く皆さんは、チョコレートの世界の探求を日々続けています。, 知れば知るほど奥深さを感じるチョコレートは、大人にこそ楽しんでほしい究極の嗜好品。眺める角度を少し変えると、新たな魅力を見出すことのできる魔法の食べ物だと思いました。, ぜひダンデライオンをおとずれて、甘くて謎多き魅惑の『チョコレートワールド』に浸ってみてください。, 【おとなの社会科見学・第7回】自宅でハンドメイドを始めよう!革販売の「And Leather」でレザークラフト体験, 【おとなの社会科見学・第3回】 インテリアとDIYとカフェが融合した複合カフェ友安製作所(後半), [後編]浅草橋から日本酒の魅力を世界に発信! [SAKE Street]潜入レポート, 【おとなの社会科見学・第6回】浅草橋駅から1分!親しみあるニュースタイル就活カフェ「Career Worq Café」に潜入♪, 2020年9月26日(土)に開催された「浅草橋オンライン盆踊り2020」の映像はこちらから!, 好きな街はありますか?「浅草橋を歩く」編集部は、浅草橋応援ムービー&ボイスで街を盛り上げます!, 「浅草橋を歩く|台東区非公式ガイドブック」は、浅草橋エリアを中心に台東区の「食」や「観光スポット」を紹介していく地域密着型の情報サイトです。(→詳細はこちら). 浅草橋おとなの社会科見学 ものづくりの街・浅草橋には、大人が思わずワクワクするお店がたくさん。そこで「浅草橋を歩く」では、気になるお店をとことん深堀する企画“おとなの社会科見学”をスタートします。, 第1回目にして、浅草橋からひと駅おとなりの蔵前になるのですが、「浅草橋を歩く。」では浅草橋を中心とした周辺エリアも歩いて回れるという意味でスポットを当てていく予定です。, さて、平日はもちろん、休日には遠方からのお客さんも多く立ち寄る蔵前のBean to Barチョコレート専門店「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」。, 「ファクトリー&カフェ」ということで、カフェ利用やテイクアウトだけではなくワークショップなども開催しており、チョコレートの魅力をこれでもかというほど体験できるとっても素敵な場所なんです。, 今回は、初めての方にもダンデライオン・チョコレートの魅力を知ってほしいと思い、チョコレートの知識豊富なスタッフさんから、お店の魅力をとことん聞いてきました!, 都営大江戸線蔵前駅から徒歩5分、JR浅草橋駅から徒歩12分。大通りから一本入った閑静な路地に、「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」はあります。, “ダンデライオン・チョコレート”とは、2010年にサンフランシスコで誕生した“Bean to Barのチョコレートメーカー”。, チョコレートの魅力を知り尽くしたスタッフの皆さんが「Bean to Barってなに?」「どうして第1号店が蔵前なの?」「他のお店と何が違うの?」という様々な疑問にやさしく応えてくれました。, ファクトリー&カフェ蔵前は、1階をチョコレート工房とスタンド、2階をカフェ&ワークショップスペースとして使用。実はここに、日本第1号店となった秘密が隠されています。, 創業者がこだわったのは“Bean to Bar”。そのためには、カカオ豆からチョコレートになるまでのすべてを一貫して行なえる店舗の一棟借りが必須だったのだとか。そうして見つけたのが、もともと倉庫だったといわれるこの場所です。, この店舗がオープンする際に訪れた創業者のToddは「この蔵前の雰囲気がちょうど10年ほど前のサンフランシスコのダンデライオン・チョコレートがある街と似ている」とも話していたそうです。, “Bean to Bar”とは、カカオ豆の選別から形成までの全工程を一貫して行なうこと。, ダンデライオンは、2016年のオープン以来、国内の“Bean to Bar”人気を牽引してきた名店です。, ダンデライオン・チョコレートの“Bean to Bar”の魅力は、大きくわけて2つ。, ひとつは、厳選したカカオ豆の風味を存分に堪能できること。もうひとつは、安心・安全であることです。, 量販店などで一般的に販売されているチョコレートと違い、ダンデライオン・チョコレートの“Bean to Bar”は厳選した1つの産地のみを使用するシングルオリジンにこだわっています。, しかも、ダンデライオンは生産地まで赴き、直接カカオ豆を調達しています。そうすることで、技術・品質を確かめるのはもちろんのこと、労働条件などが適正であるかまで見極めることができるからです。, “Bean to Bar”は、手間もコストもかかります。それでもダンデライオンは「安心しておいしいチョコレートを食べてほしい」という一貫したポリシーで製品を作っているのです。, ダンデライオン・チョコレートは、製造方法から過程まですべてを可視化しています。そのため、工房はすべてオープン。, カカオ豆の選別も、品質管理を徹底しつつお客様に目で見て楽しんでもらえるようにと、ガラス張りの工房で行なっています。, ダンデライオンでは、チョコレートの製造に関わる職人さんを“チョコレートメーカー”と呼びます。, チョコレートメーカーの技を間近で鑑賞できるのもこのお店の大きな魅力。プロの手さばきは、眺めているだけでも勉強になります。, 豆本来の風味を損ねることがないように、コーヒー豆用につくられたものを改造し、低温で長時間ローストできるような使用に設計されています。, その後、約3日間かけて行なうメランジング、口当たりを滑らかにするテンパリングなどいくつもの工程を経て、ようやくチョコレートバーが完成します。, チョコレート作りは体力勝負で、皆さん仕事を始めた頃は重いカカオ豆を運ぶ作業に苦戦したのだとか。, 収穫年、産地、発酵、焙煎、開発者など様々な要因が絡み合うことで、風味は幾通りにも変化します。ゆえにダンデライオン・チョコレートでは、味覚、科学的数値など、あらゆる角度からもっとも適した製造法を見極めていくのだとか。, 新しいチョコレートをつくる度に、工程の条件を変え何度もテイスティング・・・途方もない手間隙をかけ、ようやく製品ができあがるのです。, また、ダンデライオンではチョコレートの魅力をより一層知ってもらうべく、ワークショップを随時開催。 工場見学、お菓子作り、アルコールとのペアリングなど、老若男女が楽しめるさまざまなイベントを行なっています。 チョコレートの世界をさらに深く知りたい方は、こちらもぜひチェックしてみてください。(スケジュールはHP参照), ダンデライオンで楽しめるチョコレートバーは、常時6~8種類。シルバーのインクを使用しているのがメイドイン蔵前、ゴールドのインクがメイドインサンフランシスコのチョコレートバーです。, チョコレートバーの原材料は、カカオとオーガニックのキビ砂糖の2種類のみ。カカオ豆の旨味や特徴を存分に引き出すため、添加物や保存料は一切加えていません。, また、チョコレートバーはほとんどがカカオ70%なので、豆の風味の違いをより一層実感することが出来ます。, 気になる商品をいくつかゲットして、ぜひその違いを食べ比べてください。「チョコレートって、豆によってこんなに味が変わるの!?」と驚くこと請け合いです。, 近年スーパーフードとしても話題の「カカオニブ」は、チョコレートとは異なるカカオのおいしさを楽しめます。, 甘みがない「カカオニブ」は、ナッツのような風味と感触を楽しめる逸品。パスタやサラダに加えるとコクが一層アップしますよ♡, 京菓子の老舗「亀屋良長(かめやよしなが)」や京都のテキタイルブランド「SOU-SOU」と共同開発したのは、カカオを使用した新感覚の和菓子。, 「カカオティー」は、和紅茶専門店「紅葉(くれは)」と開発したミルクティーのためのオリジナルブレンド。カカオニブが使用されており、コク深い味わいを堪能できます。, 店内に広がる甘い香り、スタッフの皆さんから伝わる真摯な気持ち、こだわり抜いた商品の数々。, お店のいたるところから「チョコレートの魅力をもっと知ってほしい」というメッセージを感じ取ることができました。, 前半は、ダンデライオンのチョコレートに対する思いやこだわりを皆さまにお届けしました。, 後半では、そのチョコレートをつかった絶品スイーツ&ドリンクやカフェスペースをご紹介。, 【おとなの社会科見学・第3回(前半)】 インテリアとDIYとカフェが融合した複合カフェ友安製作所, 【おとなの社会科見学・第1回(後編)】 ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前, [前編]浅草橋から日本酒の魅力を世界に発信! [SAKE Street]潜入レポート, 【おとなの社会科見学・第3回】 インテリアとDIYとカフェが融合した複合カフェ友安製作所(後半), 【おとなの社会科見学・第4回(後半)】 “書く”ことを楽しむアイテム満載の文房具店カキモリ, 2020年9月26日(土)に開催された「浅草橋オンライン盆踊り2020」の映像はこちらから!, 好きな街はありますか?「浅草橋を歩く」編集部は、浅草橋応援ムービー&ボイスで街を盛り上げます!, 「浅草橋を歩く|台東区非公式ガイドブック」は、浅草橋エリアを中心に台東区の「食」や「観光スポット」を紹介していく地域密着型の情報サイトです。(→詳細はこちら). また、ダンデライオンではチョコレートの魅力をより一層知ってもらうべく、ワークショップを随時開催。 工場見学、お菓子作り、アルコールとのペアリングなど、老若男女が楽しめるさまざまなイベントを行なっています。 大人気のチョコレートショップをおとずれ、お店の魅力を隅々までレポートします。 前編はこちらよりそうぞ! 2019.07.19 【おとなの社会科見学・第1回(前編)】 ダンデライオン・チョコレート ファクト … 東京の蔵前の周辺エリアでも美味しいチョコレートが食べられるということで人気となっている、「ダンデライオンチョコレート」のおすすめ情報についてご紹介していきます。蔵前・ダンデライオンチョコレートのファクトリー見学や、カフェ・メニュー情報もあります。, 皆さんは東京で美味しいチョコレートが食べられるスポットと聞いて、どんなお店をイメージされますでしょうか。東京といってもたくさんのショップやスイーツ店があって、有名なお店も満載です。そんな東京でも蔵前でチョコレートの名店として話題の「ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」についてご紹介していきます。, 東京の蔵前エリアでも屈指の人気を誇っているチョコレートのお店の、ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前ですが、そんなダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前とは一体どんなお店なのか気になるひとも多いはずです。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、東京の蔵前というところに店舗があって、全国的にも話題が高まってきているお店です。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、チョコレートを専門的に扱っているお店です。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、単にチョコレートの商品を販売しているお店という訳ではなくて、実はショップの他にカフェなどもあって、見学のプログラムもあるので、いろんな形でチョコレートに触れることができるスポットです。チョコレートやスイーツ好きの人には、是非おすすめしておきたお店です。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、チョコレートを専門的に扱っているお店ですが、そんなダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の特徴としてご紹介しておきたいのが、「Bean to Bar」のお店だということです。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、日本でもまだ珍しいBean to Barスタイルでチョコレートを提供しているお店ということで、全国からたくさんの人がお店に訪れています。東京に観光にいった際にもおすすめしたいスポットです。, そもそも皆さんはBean to Barというものを知っていますでしょうか。おそらくBean to Barと聞いても、聞いたことがないなんていう人や、聞いたことはあるけどよくわからないなんていう人がほとんどではないでしょうか。Bean to Barは、チョコレートをカカオの素材段階から、食べられるチョコまで一貫して作るスタイルのことです。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前では、素材から実際に食べられる甘いチョコレートまで、Bean to Barスタイルでこだわりを持ってチョコレート作りをしています。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前にいった際には、Bean to Barの魅力をじっくりと感じながら、チョコレートを味わってみてください。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前を始めとして、日本にもいくつかの店舗展開をしているダンデライオンチョコレートですが、そんなダンデライオンチョコレートについて、もっと詳しくご紹介していきますので参考にしてみてください。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は最近話題となっているチョコレート屋さんなので、都内のお住いの人はいったことがあるなんてひともいるかもしれませんが、ダンデライオンチョコレートについて詳しく知っているという人は少ないのではないでしょうか。ダンデライオンチョコレートの歴史もまとめています。, ダンデライオンチョコレートの詳しい情報として、まずご紹介しておきたいのが、ダンデライオンチョコレートの歴史についてです。ダンデライオンチョコレートの歴史を詳しく知ってからお店に行けば、もっと美味しくチョコレートを味うことができるはずです。, 歴史なんて知ってもしょうがないなんて思っている人も多いかもしれませんが、ダンデライオンチョコレートには他のお店とは違った個性ある歴史があるので、是非チェックしてみてください。ダンデライオンチョコレートは、サンフランシスコ発祥のお店です。, ダンデライオンチョコレートは日本発祥だと思っていた人もいるかもしれませんが、実はダンデライオンチョコレートはアメリカのサンフランシスコから始まったチョコレートの専門店です。ダンデライオンチョコレートは、元々オーナーがチョコ好きだったということもあって、小さなお店から起業して、今では大きなチョコ専門店となっています。, ダンデライオンチョコレートは2010年ごろに創業されたチョコレート店なんだそうで、まだできてから新しいお店です。ダンデライオンチョコレートでは、手作りの素材や製法にこだわったチョコレートを販売していて、一般的なスーパーマーケットやコンビニで売っているようなチョコレートとは、クオリティが違っています。, アメリカのサンフランシスコから始まって、今では日本でも大人気となりつつあるダンデライオンチョコレートですが、そんなダンデライオンチョコレートの詳しい情報として次にご紹介していきたいポイントがダンデライオンチョコレートのチョコの秘密です。, ダンデライオンチョコレートは、日本でも蔵前に店舗をオープンして以来爆発的な人気となっていますが、そんなダンデライオンチョコレートのチョコレートの製法や特徴についてご紹介していきます。ダンデライオンチョコレートは素材から厳選しています。, ダンデライオンチョコレートは、素材からチョコレートの板の状態にまで作り上げるBean to Barスタイルのお店ですが、そんなBean to Barの大きなポイントがチョコレートの素材です。ダンデライオンチョコレートでは、お店がしっかりと厳選した高品質の素材のみを使ってチョコレート作りをしているので、美味しいチョコに仕上がります。, あまり普段チョコレートの味比べをする人は少ないと思いますが、チョコレートは素材となるカカオなどの種類によっても大きく味が違ってくるそうです。ダンデライオンチョコレートでは、美味しいチョコレートを商品として仕上げるために、世界各地にいってカカオを厳選して、何度もチョコレートを試作して商品作りをしているそうです。, 素材にも徹底的にこだわっていて、Bean to Barの美味しいチョコレートをゲットすることができる、ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前ですが、そんなダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の店舗についてご紹介します。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、チョコレートの商品・スイーツメニュー自体ももちろん素晴らしいスポットですが、実はダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は店舗自体もとても魅力があるスイーツスポットです。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の店舗にいったことがない人も多いと思いますので、ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の店舗の特徴をしっかりとチェックしてみてください。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前がどんな店舗かしれば、きっとお店にいってみたくなるはずです。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の店舗の特徴として、まずはじめにご紹介しておきたいポイントが、倉庫をリノベーションしているというスタイリッシュな外観デザインです。見た目にも非常におしゃれなチョコレート店です。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の店舗は、元々は倉庫として使っていたという建物をそのままに利用していて、リノベーションしてデザインを変更して、現在のお店となっています。非常に味がある外観デザインのお店です。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の外観は、ぱっと見はチョコレート専門店とは思えないような、スタイリッシュな雰囲気のお店となっています。おしゃれで女性やカップルにも人気のスポットです。スイーツやチョコレート好きのカップルはもちろんですが、デート場所に困っているなんて人は、一度いってみて下さい。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の店舗の特徴として、次にご紹介していきたいのが、ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のフロアの情報についてです。実はダンデライオンチョコレートは、2階構成の店舗となります。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、1階スペースと2階のスペースがあって、それぞれに別のサービスを提供しています。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の1階スペースは、ファクトリーとスタンドがあります。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の1階スペースのファクトリーでは、チョコレート作りを体験している人がたくさんいて、実際のチョコレート作りを間近で見ることもできて楽しい空間です。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の2階のスペースは、カフェ、ワークショップのフロアとなっています。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のおすすめ情報として、次にご紹介していきたいのが、ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の気になるショップの情報です。ショップがどんなところか気になる人はチェックしてみて下さい。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のショップでは、いろんな種類のチョコレートやスイーツなども販売されていますが、ダンデライオンチョコレートのおすすめフレーバーとしては、スパイシーでハーブの香りも強いという「ゴーラ・レインフォレスト, シエラレオネ 70%」などがおすすめです。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のおすすめ情報として次にご紹介したいのが、ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の気になるファクトリーの情報についてです。お店の中に工場があって、毎日洗練されたチョコレートが作られています。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の、ファクトリーのおすすめポイントとしては、何と言ってもチョコレートの製造工程の見学についてです。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前では、チョコの製造の工程を詳しく見学ができるので、是非みにいってみて下さい。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の施設の情報として、次にご紹介しておきたいのが、ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の、カフェスペースについてです。おしゃれな雰囲気のカフェで、午後のティータイムにもピッタリです。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の、カフェスペースのメニューについてご紹介していきます。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のドリンクメニューとしておすすめしたいのが、チョコレートとエスプレッソが合わさった「ミッションモカ」や「フローズンホットチョコレート」です。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の、カフェスペースのスイーツメニューについてご紹介していきます。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のスイーツメニューとしては、「スモア」や「ブラウニーバイトフライト」などのメニューがおすすめです。スイーツメニューも豊富です。, カフェのドリンクメニューやスイーツメニューも豊富な、ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前ですが、そんなダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のおすすめ情報として、次にご紹介しておきたいのが、ワークショップの情報についてです。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のワークショップの内容についてご紹介していきます。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前では、ワークショップは2種類あって、チョコの食べ比べをしてチョコについて学ぶものと、実際にチョコ作りができるワークショップがあります。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前で人気となっているワークショップですが、そんなダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のワークショんの参加方法をご紹介していきます。実はワークショップは「Peatix」というサービスからのみ予約が可能なんだそうです。早めの予約をおすすめします。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の基本情報・アクセス情報について詳しくご紹介していきます。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前にいってみたいけど、お店の情報がよくわからないなんて人は、しっかりチェックしてみて下さい。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前の基本情報についてご紹介していきます。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は午前10時から20時までの営業となっています。定休日は不定休となっているそうです。年末年始は休業に注意してみて下さい。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前への電車を使った場合のアクセスについてご紹介していきます。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は駅からも近いので電車でアクセスがしやすいスポットです。都営浅草線の蔵前駅から徒歩3分です。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前への電車を使った場合のアクセスについてご紹介していきます。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、バス停からも近いお店です。バスでアクセスをする場合は、「蔵前二丁目」のバス停から徒歩3分です。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前への電車を使った場合のアクセスについてご紹介していきます。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前に車で行く場合は蔵前駅や蔵前公園を目指すとわかりやすいそうです。駐車場は近くのコインパーキングを利用してみて下さい。, ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前のおすすめ情報は、いかがでしたでしょうか。ダンデライオンチョコレート ファクトリー&カフェ蔵前は、カカオにもこだわっている美味しいチョコレートが食べられる人気スポットです。チョコ好きの人は是非いってみて下さい。, 蔵前・ダンデライオンチョコレートの魅力紹介!ファクトリー見学やカフェも!のページです。TRAVEL STAR[トラベルスター]は旅行・観光スポット・ホテル・グルメなどの情報サイトです。旅行や観光に役立つ情報を無料でご購読して頂けます。.

Wimax 高速化 設定, ローテーブル 北欧 白, 一人用ソファ Ikea, Iphonese2 ワイモバイル, ヤマダ電機 バイト つらい, 錦織圭 エキシビション, 防災アプリ ダウンロード数, 音楽チャンプ 出演者 死亡, 池袋ウエストゲートパーク 山井, 古いiphone アクティベートできない, 東野圭吾 片想い ネタバレ, オクトパストラベラー 攻略チャート, Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー 1位, ドコモ 格安sim 参入, ソファ へたり ニトリ, 二ノ国 バースト, 楽天 年俸 2020, ジョーカーゲーム 声優 豪華, ゲラルト 顔の傷, ソファ 替えカバー, 中村俊介 妻, ブルックス スニーカー ヘリテージ, オクトパス トラベラー やりこみ, オリコン演歌ランキング 2020, オクトパストラベラー ボス, ヤマダ電機 名古屋 駐車場, 1人掛けソファ オットマン, ワンピース ラジオ エース, 今田美桜 ユニクロ メガネ, Uqモバイル 新機種 発売予定, ゲオセール 2020 5月, Wimax エリア外 田舎, 骨折 宝くじ, スーパーホテル 東京駅, 酒井 若菜,

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です