田野屋酒販株式会社は飲食店の経営サポートも行っている企業です

田野屋酒販株式会社

田野屋酒販株式会社は東京の大田区に本社を持つ企業で、創業は1925年(大正14年)です。田野屋酒販株式会社は和洋酒やビールなどのアルコール類、清涼飲料水や各種食料品の業務用卸売りが主な事業内容で、他にもプライベートブランド商品の開発および販売、飲食店全般のサポートなどを手掛けています。また、新店舗を出店する時の不動産調達や店舗リースなども手掛けており、飲食店の経営を考えている人々のサポート役も務めてくれる会社です。

分析結果に基づいての経営が必要不可欠

飲食店の経営を始める時などは、最初にお店をどこに持つのかを考えなければなりません。人通りが多くてお店に来てくれる人が多く集まる場所が良いと考える人は多いことでしょう。しかし、同業のお店が近くにいくつもあるような場所に新店舗を構えたとしても、最初の内は物珍しさでお客さんが来たとしても、徐々に以前からあるお店にお客さんが戻ってしまう可能性もゼロではありません。場所をどこにするのか決める時には商圏分析を行う、分析結果に基づいての経営が必要不可欠です。

アルコール類や業務用商品の販売も手掛ける

田野屋酒販株式会社はアルコール類や業務用商品の販売も手掛けると同時に、新店舗の出店時に必要不可欠な店舗調達から携わることが出来るなどの特徴を持ちます。田野屋酒販株式会社の役割は大きく分けると繁盛コンサルティングと店舗トータルプロデュースです。繁盛コンサルティングではこの会社のメイン事業でもある、アルコール類や食品類の業務用卸売り販売を中心に、経営者の悩みや店舗の課題に即した提案を行って、繁盛店になるためのコンサルティング業務を担っています。

オリジナルのお酒の開発や販売も可能

店舗トータルプロデュースでは、お店を新しくオープンする時に飲食店の経営者が抱える悩みを解決するためのサポート役を務めます。例えば、近隣エリアにおける同業種のお店の調査、店舗の内装や不動産の調達など何でも相談に応じて貰える事業を行っています。お酒の販売はメイン事業であり、創業以来培ったノウハウで売れるお酒の提供も可能、メーカーとのコラボによるお店のオリジナルのお酒の開発や販売も可能です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です